バナー

季節による合宿免許の費用の違い

合宿免許は、年末年始を除くと、実際にはほとんどの季節にわたって申し込みを受け付けていますので、違いがあるといえば、自動車学校に入学する日付がいつになるのかという点くらいしかありません。にもかかわらず、その入学日がいつになるかによって、合宿免許の料金が数万円も高くなったり、安くなったりすることがあるのです。

合宿免許がふつうに自動車学校に自宅から通う場合と違うのは、できるだけ短期間で卒業までこぎつけるために、ホテルや旅館、寄宿舎、ウィークリーマンションのような施設に何週間か泊まりがけになるというところです。

仮免許からスタートする合宿免許プランの情報についてご説明します。

そのため、通常の技能教習や学科教習といった教習代のほかにも、ホテルなどの施設の宿泊費がよけいに必要になってくるという特徴があります。



この宿泊費ですが、自動車学校がじかに所有している寄宿舎であれば別として、一般的なホテルの場合、たとえば紅葉のきれいな秋、夏休みで誰もが遠出をする夏などの季節であると、予約が混み合ってしまうため、どうしても客室の単価が高くなってしまいます。
そのため、こうした施設に宿泊することになる合宿免許の料金についても、必然的にそれ以外の季節よりも高く跳ね上がってしまうのです。
逆にいえば、こうした人気のシーズンをわざわざ外して合宿免許の申し込みをすれば、格安で受講できる可能性もあるということになりますので、時間的な余裕がある場合は、シーズンオフを狙うのもよいかもしれません。